お見合いとなると、いろいろと、

条件が前提条件を大切して、お会いするというのが、主流になります。

 

 

まず、

お会いした後、ぽや~んと、自己判断が優柔不断にならないように、

会う前に、ある程度、条件で確認してからお会いする。

もしくは、断れない人がよく、気持ちはないのに、

ついつい相手の気持ちにほだされて、決定できない時間をすごしてしまわないように、

ある程度のあたりをつけて、お会いしたいという方がお見合いを希望される方の中には多いです。

 

冷静に判断できるのが、お見合い結婚のよいところのひとつですね。

冷静すぎても、女性は王子様に出会える情熱を希望している人もおおいですけどね、。

 

 

ただ、しっかりしたお考えをお持ちの方々は、

その過程において、

出会いもある程度、マーケティングを考えておられます。

例えば、皆様、

ここら辺が落としどころかなというところが、見えてきます。

 

 

見える前に、すとんと、決まっていく人もいますが、

人によっては、時間を要する人も出てきます。

 

 

そういう風になった時には、下記をご注意されてらっしゃいます。

 

1つは、希望をいつまでも、夢をいつまでも追う方法と、

 

2つは、マーケティング的に考えて、ここら辺が双方のニーズが一致するというところを見つけて、

 

お会いしていく方法で、2手にわかれます。

 

 

見ていて、上手にお相手も選んでいかれる方もいますし、

ときどき、道にまよっておられる方も拝見します。

 

うまくいく方は、下記をご自身で注意されているように見えます。

 

 

1つ目の、いつまでも、自分の希望の人を見つけることに執着しますという方は、

 

「自分の心に負けない」と決めてらっしゃいます。

 

といいますのも、10件も申し込みをしていると、

受諾されないのは、自分を否定されたと勘違いしてしまう方がいますが、

上手な方は、「もともと、自分の希望を言っているのだから、断られて当たり前!」と

割り切って、どんどん新しい方へ果敢にチャレンジされています。

 

まだ、お会いしたこともないお相手とのお見合いのセッティングができないことが、自分が評価を下げられたと、勘違いしないなら、この方法が有効的のように拝見しています。

 

 

次に、2番目のマーケティング的に、あたりをつけてお会いされていく方々も多いです。

 

 

個人的には、おススメしたい方法です。

こちらの方法を選択できると、結婚がぐんっと、早くなるなぁと拝見していておもいます。

 

 

数回のお見合いの状況から落としどころが推察することができますので、そこから、

 

賢く、ベストマッチのお相手を探されています。

 

 

ただ、ときどき、

 

ご自身がセグメントして、お会いされている相手とお見合いされた後、

結局、ご自身のご希望を捨てられず、

1つの条件も妥協できない、お会いしても、結局、決められない。という状況に陥り、

堂々巡りをしてしまう方もおられます。

 

結局、希望をあきらめきれないときは、

希望を追い続けるのも一つではないかと拝見しています。

 

 

いろいろやり方を試されてみて、チャレンジにお使いいただけるとよいとおもいます。

 

 

出会いの奇跡というものは、いくつも見てきてあります。

頭ではない選択というものも、あります。

 

 

これらのここまで申し上げた方法というのは、

あくまで、「条件」を徹底的に、重視する方に対して、そういうふうに動いておられる方もいるという参考です。

 

そうでない方は、あっとランダムに、数多くお会いされることをおススメします。

 

 

 

 

本日は、ひな祭りですね。

 

ちょうど、土曜日ですので、ご家族で、もしくは、大切な方と、温かい時間をすごせるといいですよね。

 

 

 

結婚する人だけが集まるところ麻布ウエディング

(結婚を考えた方のための会員制の紹介所です)

結婚相談に関する質問・相談・問い合わせ:メールフォーム

からお問い合わせ下さい。TEL:03-6459-2350  Email: info@odaishi.com